1. TOP
  2. 地域で活動する人紹介
  3. 【企業CSR】 日本たばこ産業株式会社四国支店 業務部課長 西祐輔さんに聞く

[SUBSYSNM]

【企業CSR】 日本たばこ産業株式会社四国支店 業務部課長 西祐輔さんに聞く

2014.12.27更新

*JT四国支店 業務部社会環境推進チーム課長 西祐輔さんに寄稿していただきました*

「ひろ街」と「座右の銘」

 JT四国支店では、ひとのときを思うJTを心に、全社員が社会と共生する良き企業市民として、「ひろえば街が好きになる運動」「森林保全活動・・JT奈半利の森」「未成年者喫煙防止活動」「分煙の取り組み・・喫煙者、非喫煙者が共存できる環境作り」「喫煙マナーの向上」「環境美化・・自治体との協働」「国内大学奨学金制度」「NPO助成事業・・国分寺まちづくり協議会」「将棋日本シリーズ四国大会・・地域文化貢献」又、全社員が交替で兵庫町商店街周辺を毎週水曜日に清掃活動を実施するなど、様々な社会貢献活動を継続的に取り組んでいます。

 今回、「ひろえば街が好きになる運動」についてご紹介させてい頂きます。
ひろ街では、「拾う」という体験を通じて「捨てない」気持ちを育てることを目的に実施しております。これは、各自治体、企業、学校、ボランティアを始め、各催事の実行委員会や参加団体の方々など様々な人たちと一緒にゴミを集め環境美化に取り組む活動です。

 香川県では、「5月丸亀お城村」・・約800名参加「8月さぬき高松祭り」・・約550名参加「10月高松秋の祭り・仏生山大名行列」「11月屋島・瀬戸の里海クリーン作戦」と地域に密着した「ひろ街」が実施され、今後も予定されています。

 11月8日に実施予定の「屋島・瀬戸の里海クリーン作戦」は、瀬戸内海国立公園指定80周年関連事業の一環として、屋島・瀬戸の里海クリーン作戦実行委員会の主催により国、県、市の関係機関・屋島地域の方々とのコラボによりアルピニスト野口 健氏と一緒に屋島~浦生海岸までを地元小学生・地域住民の方と自分たちの住む町を自らの手で、きれいな町を守り伝えていくことを目的に清掃活動を行います。詳細は、高松市環境局のHPをご覧ください。(10月初旬頃 掲載予定)

 この様な「「ひろ街」活動へは、個人のみならず、友人、親子、団体でも参加頂いてます。又、一番多い親子参加者からは、「家でもちゃんとしょうね!」「以前よりゴミが少なくなったね!」「この分別は?」「又、参加しようね!」とか、子供達の素直な気持ちが言葉として返ってきます。ぜひ、日常身近な所から環境問題に取り組むことが、四国、日本で一番クリーンに輝く香川県になると思います。

最後になりますが、こんな言葉を紹介させていただきます。
心が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人生が変わる。
人生が変われば、運命がかわる。

 心が変われば、「ゴミを捨てたりしない」行動となり、「分別、リサイクルしたり」習慣となり・・・・様々な社会貢献活動には、人を育てる重要な一つの役割・責務があると考える私です。 
 

お問い合わせ先
JT四国支店 ℡087-851-7070