1. TOP
  2. 地域で活動する人紹介
  3. 【新!発見 深!発見_第15回】特定非営利活動法人 ゆうゆうクラブ 理事長 田中博子さん

[SUBSYSNM]

【新!発見 深!発見_第15回】特定非営利活動法人 ゆうゆうクラブ 理事長 田中博子さん

2019.01.22更新
理事長田中さん(左)とスタッフ
理事長田中さん(左)とスタッフ

 て見ぬふりは出来ない。域で自分が出来ることをしているだけ。

 ~子育てしやすい地域づくりのために~。今回取材させていただいた団体「特定非営利活動法人ゆうゆうクラブ」理事長の名刺には、このキャッチコピーが、可愛いクラブマスコットとともにしっかりと刻まれていました。この”子育てしやすい地域づくり“とは、つまり、子どもからお年寄りまでが生きやすい社会。そんな社会を目指したいと、仲間とともに地域に根付いた子育て支援・親育ち支援を行っている市民活動団体です。「自分のことだけを考えていたら、課題・問題山積みの地域は変わっていかない。発信しなければ、変えられない。私がここから発信することで、自分にもできるんじゃないかって。一人でも多くの人に、関わって来てほしい。ここは、“地域の窓口”みたいな場所なんです」と語ってくれたのは、理事長の田中博子さんでした。
 
 設立は1997年。「地域のお母さん的存在の人(今はクラブマスコットとしてスタッフらを見守っています)が、“遊々クラブ”として立ち上げ、その人といっしょに活動をしたことがきっかけで、2009年にバトンを受け継いだんです」と田中さん。2010年には法人格を取得し、現在の「特定非営利活動法人ゆうゆうクラブ」に。活動は今年で11年目を迎えました。田中さんは現在、8名の仲間とともに、様々なアイデアと企画力で、子育て支援・高齢者支援をはじめとする活動に精力的に取り組んでいます。なかでも「ゆうゆうクラブ」の代名詞といえる、子育て親子の交流の場【子育てホッとステーション ゆうゆう広場】は、地域で唯一無二の親子の交流の場として、地域づくりの一端を担っています。

 「子どもはみんなの宝物~子育てって楽じゃないけど、とっても楽しい♪そう、みんながいればね!」をモットーに、気軽に集える民家を拠点に【ゆうゆう広場】を運営。家庭で子育てをしている、0~3歳の子どもを持つ親子が対象で、利用料も登録料も無料。「自由に来て、自由に帰る。利用者はみんな公平。この広場に偏見も差別もありません」と断言する田中さん。この日、広場に遊びに来ていたママたちに参加のきっかけを聞いてみると、「私は4か月健診の時に案内を見て」「私はクラブの前を通って、ずっと気になっていて」という答えが返って来ました。この広場に出会うまでは皆さん、家で子どもとふたりきりで煮詰まることが多かったけど、ここで遊ぶようになってからは、それがスッキリ解消されたそうです。なるほど皆さんの笑顔が、それを証明しています。ここでは普段の自由遊び、絵本の読み聞かせのほか「親子DE検診」、「ベビーマッサージ」など、子どももパパママもワクワクの親子行事からママに安心の子育て・食育講座まで揃っています。そして、お花見や節分には小・中・高校生のお兄ちゃんお姉ちゃん、地域のお年寄りといっしょになって遊ぶこともあるそう。みんなとふれあうことで、親は親で支え合い、子は子で育み合うそうです。

 【ゆうゆう広場】と併設する、高齢者の地域活動の場【ゆうゆう源平広場】も、近所のお年寄りたちの居場所になっています。クラブ前の亥の浜公園でグラウンドゴルフを楽しんだり、ときには【ゆうゆう広場】の親子と遊んだり、餅つきを楽しんだり。こうした多世代交流は、このクラブの魅力のひとつ。「このクラブは子どもからお年寄りまでが集う、地域の異空間なんです!」と田中さん。家にこもりがちなお年寄りたちも、子どもたちとの交流を体験することで、元気と笑顔とエネルギーを子どもたちからもらい、そして、子どもたちは、お年寄りから愛情と優しさと温かさを与えてもらえる、そんな現代社会に最も必要な居場所がここにあると感じました。
 
 近頃、新聞やテレビで見聞きすることが多くなった『こども食堂』。「地域の子どもを中心に地域のみなさんと夕飯を食べながら交流を図る」場です。このクラブでも、今年4月から【ゆうゆう食堂】をOPEN!! この日のメニューはお好み焼き。キャベツを5㎜角に切るお手伝いをお願いされて、そのキャベツを切ったのは、【ゆうゆう源平広場】のメンバー。地域の子どもたちのために、おばあちゃんたちも精一杯、力を発揮します。「ここに集う人はみんな参加者で、お客さんはいません」とどこか誇らしげな田中さん。そして、この言葉以上に胸に突き刺さったのは、「自力で豊かになれる力を、私も団体も蓄えていきたい。そして、地域で自分たちの役割とは何なのかと考える力も同様につけていきたい」という、未来を見据えた力強い言葉でした。地域の新たな課題に向かってこれからも、仲間とともに果敢に取り組む田中さんの姿が浮かびます。

※田中さんへの取材日は2018年10月29日です。

お問い合わせ先
特定非営利活動法人 ゆうゆうクラブ
高松市屋島西町2479番地12
電話&FAX:087-841-8270