1. TOP
  2. 地域で活動する人紹介
  3. 【新!発見 深!発見_第16回】香川ハーネス 代表 室崎若子さん

[SUBSYSNM]

【新!発見 深!発見_第16回】香川ハーネス 代表 室崎若子さん

2019.03.12更新
みんなおいでよ!親子でわっくわく。
みんなおいでよ!親子でわっくわく。
みんなおいでよ!親子でわっくわく。
みんなおいでよ!親子でわっくわく。
栗林小学校にて
栗林小学校にて
CMS収録(市民活動センター)
CMS収録(市民活動センター)
一軒でも多くのうどん屋や飲食店に、盲導犬一緒に入れるように 

 「香川ハーネス」代表の室崎さんのパートナーは、盲導犬ぱんり(ラブラドールレトリバー・♀・もうすぐ10歳 )です。ぱんりは市民活動センター職員の人気者!センター開催の市民活動体験型イベント「みんなでみんなの和い輪いかい」や「ケーブルメディア四国」番組の収録にも、室崎さんと一緒に参加し、その賢さと可愛らしさは有名です。ぱんりに初めて出会った日、私は、ぱんりのその賢さと可愛らしさに感動し、「ほめてあげたい」という思いから、ぱんりの身体に自然と手が伸びそうになりました。が、その行為が、お仕事中のぱんりにとっては禁物であることを、先輩職員から教えられました。盲導犬に出会った時には、そっと温かく見守らなければいけないことをその時、初めて知ったのです。「なでる」、「声をかける」、「じっと前から見る」、「口笛をならす」、「食べ物を見せる又はあげる」、「ハーネス(盲導犬が体につけている白い胴輪)を触る」、「ペットと挨拶させようと近づける」などの行為は、盲導犬の注意をそらすことから、避けなければいけない行為なのです。
 
 盲導犬は目の見えない人や見えにくい人が行きたい時に行きたい場所へ出かけていけるように、障がい物を避けたり、段差を教えたり、安全に歩くためのお手伝いをしています。だから、ふいになでたり、声をかけたりすると、お仕事中の盲導犬は集中力を欠き、安全に歩けなくなってしまうのです。これは盲導犬ユーザー(使用者)にとっても、盲導犬にとっても、命にかかわってくるとても重要なこと!皆さんも是非、覚えておいて、街で盲導犬を見かけたら、そっと見守ってあげてください。そして、もしも困っている様子を見かけたら、「何かお手伝いしましょうか」とひと言、盲導犬ユーザーに声をかけてあげてください。と、室崎さんは教えてくれました。
 
 「香川ハーネス」は昭和63年4月、視覚障がい者の自立と支援を目的に、盲導犬ユーザーと健常者とボランティアらによって結成された団体です。現在、会員は10名ほど。室崎さんを中心に、幼稚園や小・中学校などに出向き、盲導犬の啓発活動をしたり、福祉のイベントに参加したり、会員同士で学習会を開いたりしています。最近では、小学校の教科書に盲導犬の話が載ったことで、小学校からの依頼が増えたそうです。「訪問先の小学校では、盲導犬のお仕事についてお話しします。そして、盲導犬は完璧な犬ではなく、失敗や間違いがあることも子どもたちに伝えています」。子どもたちからは、「今まで知らなかった」、「知ってよかった」と、励みになる感想が寄せられることもあるそうです。
 
 「香川ハーネス」の名前の由来でもある “ハーネス”は 、盲導犬のシンボルです。盲導犬は仕事をしている時は必ず、これを身につけています。“ハーネス”を通して盲導犬の動きが、盲導犬ユーザーに伝わることではじめて安全に歩くことができます。室崎さんの安全な歩行を支えているのは、ぱんりが携えた”ハーネス”から伝わる情報のみ。時に、ぱんりは危険を察知すると、その場から動こうとせず、室崎さんに「危ない!」と伝えるそうです。
 
 ぱんりは、室崎さんの5代目のパートナー。オーストラリア生まれの日本育ち、とにかく明るく元気な女の子!喜びはジャンプ&しっぽで表現します。心身ともに丈夫で、盲導犬の資質に適ったぱんり。そんなぱんりと出会って7年になる室崎さんとは、強い信頼関係で結ばれています。 「私にとってぱんりは、身体の一部。目の代わりというだけででなく、感情までも一心同体のよう」。電車やバス、船に乗ったり、スーパーに出かけたり、もちろんうどん屋にも入ります。最近は以前より、随分、飲食店にも入りやすくなったようですが、まだまだ世間は盲導犬への理解が不足しているようです。夢は?という質問に、「盲導犬と一緒に入れる飲食店をもっと増やしたい。そのためにも仲間と協力者と一緒に活動を続けて行きたいです」と、ぱんりに負けないくらい明るく元気な室崎さんは、丁寧に語ってくれました。室崎さんの大事なパートナーぱんりとの二人三脚の日々が、一日でも長く続きますように♪
 
 ※若宮さんへの取材日は2019年1月20日です。
 

 

お問い合わせ先
香川ハーネス(代表:室崎さん)
●小豆郡土庄町伊喜末1468‐2
●090-3187-7944